亜人

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"亜人"
(2017年/日本/109分)
公開:9月30日
監督:本広克行
出演:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波、綾野剛

【あらすじ】2017年東京。病気の妹を救うため、日々勉学に励んでいた研修医の永井圭(佐藤健)はある日、交通事故で死んでしまう。しかしその直後、肉体が復活し、圭は生き返る。圭は絶対に死なない新人類・亜人だった。亜人であることが発覚した圭は、警察や懸賞金目当ての人間に追われ、亜人研究施設に監禁され、非人道的な実験のモルモットにされてしまう。そんな圭に手を差し伸べたのは、同じく亜人の佐藤(綾野剛)という謎の男だった。佐藤は亜人としてこの国で生きていくため、国家を転覆させるべく人類の大量虐殺を繰り返すテロリストだった。同じ亜人として佐藤の思い描く未来に共感できない圭に、佐藤は怒りの矛先を向ける。人間でいたい亜人と、亜人を救いたい亜人の終わらない戦いが始まる…。

亜人


先行上映で見てきました。

映像は確かに凄い!日本でもここまでやれるとは。でも肝心のドラマ部分が全っ然三流以下なので盛り上がらない。こんなんでキャーキャー言ってるアホ女達を見てるとマジで日本の未来大丈夫かな、と思っちゃうレベル。イイものを知らないってのは不幸だよな、と感じる今日この頃。

実は綾野剛はいい。彼を主役で対政府、って話ならもっと面白かったと思う。でも佐藤健側の物語の組み立てがてんでダメ。演技力に差があるのに加え、彼が主役の割に彼に話がない。これは監督の演出、稚拙(ちょっとぐらい効くセリフを書けよこのヤロー)な脚本が至ってない点も多く、可哀想な面もある。展開が行き当たりばったり過ぎるだろ、どー見ても。

亜人

玉山鉄二と川栄李奈も年齢差があり過ぎてもはや気持ち悪いだけ。ラストカットの安いCGどアップカットとかいるの?映像以外は本当に残念。しかもちょっとしたことで面白く出来たのが分かりまくるだけに。

タダで見といて何だけど、金を払って見る価値はない駄作。

にほんブログ村 映画ブログへ