カーズ クロスロード

評価:★★★★★★☆☆☆☆(6点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"Cars 3"
(2017年/アメリカ/102分)
公開:7月15日
監督:ブライアン・フィー
出演(声):土田大、松岡茉優、藤森慎吾、戸田恵子
 
【あらすじ】これまで華々しく第一線で走り続けてきたスポーツカー、ライトニング・マックィーンもベテランとなり、最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーとなっていた。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故を起こしてしまう。世間からも見放され、自信を喪失したマックィーンの脳裏には“引退”の2文字が浮かんでいた。夢の続きか、新たな道か。マックィーンは、“人生の岐路=クロスロード”に立たされ、運命の決断を迫られる…。

カーズ クロスロード

「世代交代」がテーマ。スポーツ選手と同じ…なんだけど、「車の性能差って努力で何とかなるもんじゃねーじゃん」って固定観念があるので、それをどう料理するのかなーと思いながら見てた。

ま、予想外の結末でこれはこれで良かったような微妙なような。「え、それでいいんだっけ」と納得しきれてない俺がいる(笑)。しかし「3」になると流石に蛇足感が拭えないのは事実。いつものピクサーのキレが無い。まぁ面白いか面白くないかで言えば、十分面白いんだけどね。

カーズ クロスロード

レーシングシーンの疾走感は素晴らしい。周回なので同じ事の繰り返しだけど、結構飽きずに見てられる。

でもある意味ボス的存在の声に抜擢された藤森慎吾の声はあれで良かったのかな??若手だからチャラい感じにしたかった、ってことなのかもしれないけど。正直もうちょい貫禄が欲しかったような…。

にほんブログ村 映画ブログへ