光

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"光"
(2017年/日本/102分)
公開:5月27日
監督:河瀨直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、藤竜也
 
【あらすじ】人生に迷いながら単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、ある仕事をきっかけに弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。雅哉の無愛想な態度に苛立つ美佐子だったが、彼が過去に撮影した夕日の写真に心を突き動かされる。美佐子はいつかこの場所に連れて行ってほしいと願いようになり、彼の内面に興味を持ち始める。雅哉は命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われていく。彼と過ごし、その葛藤を見つめるうち、美佐子の中で何かが変わり始める…。

光

パルムドールは逃したものの、カンヌ映画祭をざわつかせた河瀨監督の新作…なんだけど、ハッキリ言って僕の評価は低い。

街中でばったり会うとかストーリーがご都合主義だし、顔のヨリが多過ぎて極めて単調。そのせいでテンポもイマイチ。何でこんなのが評価されるの?マスターベーション映画の域を出てないと思うんだけどなぁ…。

何より、2人の関係性の変化に全然ついていけない。ポスターにある「珠玉のラブストーリー」って何、って感じ。あのキスシーンなんて突拍子もなさすぎてちょっと笑っちゃったよ。マジで絶賛する人の意味が全く分からん。ストーリーついていけてるの??

 光

とは言え、永瀬正敏の演技は凄い。全身でその人物の全てを表現している感じ。素晴らしい。

水崎綾女も悪くはないけど、あくまで「悪くはない」と言うレベル。今までのお色気担当のイメージと違って、普通の子も演じられるって点では良かったのかな…。


しかし音声ガイドの仕事なんて全然知らなかったよ。なるほどなー、あそこまで突き詰めるのか。

にほんブログ村 映画ブログへ