モアナと伝説の海

評価:★★★★★★★☆☆☆(7点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"Moana"
(2016年/アメリカ/107分)
公開:3月10日
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
出演(声):屋比久知奈、夏木マリ、尾上松也
 
【あらすじ】数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女・モアナ(声:屋比久知奈)は、幼いころのある体験がきっかけで海と運命的な絆で結ばれている。いつしか海に愛されるという特別な力を持つようになったモアナは、世界をひとつにつなぐ大海原へ、神秘に満ちた冒険の旅に出る…。

 モアナと伝説の海

いやー、海の表現力が超絶凄い…。登場人物メチャクチャ少ないけど、海が間違いなく「もう1人のキャラクター」になってるね。VFXもここまで来たのか。ま、ストーリーは「ズートピア」の方がクオリティは(個人的に)上で、正直展開に特別な驚きはない。なので、十分楽しめるものの好みは分かれる、って感じかな。

とは言え、相変わらず社会性のあるメッセージはディズニーならでは。今回は何だろう…、一言で言うなら「生死の循環」。マウイは神様ってのが深い。マウイとモアナ、神と人間双方の力が世界を救うには必要ってこと。ただ、この辺りの死生観は日本人からするとやや距離感があるような気もするね。日本人にはまず思い浮かばない。

 モアナと伝説の海

耳にこびりついて離れないテーマ曲のインパクトはいつも通り。大抜擢された屋比久さんの歌声は本当に素晴らしい。「ズートピア」のE-girlsとはモノが違うぜ…。

にほんブログ村 映画ブログへ