疾風ロンド

評価:★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"疾風ロンド"
(2016年/日本/109分)
公開:11月26日
監督:吉田照幸
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、濱田龍臣、麻生祐未、柄本明
 
【あらすじ】大学の研究所施設から違法生物兵器K-55が盗まれ、全国民を人質にに身代金3億円を要求するメールが研究所所長宛に届く。残された時間は4日間。極秘開発した兵器であるため警察に通報することもできない。秘密裏に生物兵器を捜す重大任務を課せられたのは、冴えない研究員の栗林和幸(阿部寛)だった。まったく手がかりを掴めずタイムリミットが刻一刻と迫る中、犯人死亡の一報が入る。犯人の遺品から浮かび上がった日本最大級のスキー場に向かった栗林は、パトロール隊員の根津(大倉忠義)やスノーボード選手の千晶(大島優子)の協力を得ながら生物兵器を捜すが、思わぬ事態が待ち受けていた。
 
疾風ロンド

何とも言えない感じ…。悪くはない。面白いっちゃあ面白いけど、粗も目立つ。「もっとやれたよねコレ」って印象が結構強く残る。息子とのエピソードが全くもって上手くいってないのが一番かな。芝居も展開もグダグダ。突然大声出すシーンとかもマジで意味不明だった…。

クスッと笑えるシーンはいっぱいある。でもトータルでは滑りまくってるのが勿体ない。あまりにも緊張感無さ過ぎる。阿部寛も何か上手くいってないけど、大島優子はなかなかイケる。そんなチグハグの目立つ映画。

疾風ロンド

肝心の生物兵器(ショボい!)をあの子が持ち出したのは何でだったのかが最後まで分からんかった。阿部寛と柄本明以外はみんなワクチンだと認識してたんじゃなかったっけ?何か見落としてたのかなー。そんなハズないと思うんだけど…。

ま、ボーっと見てる分には楽しめるよ。でもディテールのヌルさはいかにも邦画にありがちなパターン。もうちょい勉強してから撮影すればいいのになー…。
 
にほんブログ村 映画ブログへ