湯を沸かすほどの熱い愛

評価:★★★★★★★★★☆(9点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"湯を沸かすほどの熱い愛"
(2016年/日本/125分)
公開:10月29日
監督:中野量太
出演:宮沢りえ、 杉咲花、松坂桃李、オダギリジョー
 
【あらすじ】銭湯・幸の湯を営む幸野家だったが、1年前、父・一浩(オダギリ ジョー)がふらっと出奔してから休業していた。母・双葉(宮沢りえ)は持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘・安澄(杉咲花)を育てている。ある日、双葉は余命わずかという宣告を受ける。それから双葉は、“絶対にやっておくべきこと”を決め、実行していく。それは、家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に会わせる、というものだった。双葉の行動によって、家族の秘密はなくなり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母・双葉を送ることを決意する。
 
湯を沸かすほどの熱い愛

業界内での評判がいいので、遅ればせながら見てきたよ。で、噂に違わぬ秀作。これだけありふれた物語で今まで散々やり尽くされてきた展開なのに、「あざとさ」が無い。このヌケ感は見事だった。

宮沢りえと杉咲花の親子がメチャクチャいい。て言うか、この2人じゃなかったら2割減だったかもしれない…(褒めてます)。正直そんなにマイナスはないんだけど、終盤の病室の窓から見えるアレだけは微妙だったかなー。そこまでは「お涙頂戴」「感動押売り」の王道を絶妙に外しながらも上手く進んでただけに。

湯を沸かすほどの熱い愛

しかし母の愛ってすげーなー。何て温かいんだ。僕は娘をある人に会いに行かせたシーンと、お漏らしした子を抱きしめるシーンがグッと来たね。母の愛と娘の成長、この映画はその2点に限る。シンプルだよね。

ラストはまぁタイトルに準じるって感じで、そんなに煽るほど驚くモノではなかったものの、あれはあれでアリかな。もうちょい彼女にとっての銭湯の意味合い的な部分が補強されてたらベターだった気もするけど。でもこの味は邦画ならでは。日本人独特の感覚をセリフ以外の部分で見事に描き切った中野監督に、カンパイ!
 
にほんブログ村 映画ブログへ