人生の約束

評価:★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"人生の約束"
(2016年/日本/120分)
公開:1月9日
監督:石橋冠
出演:竹之内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、高橋ひかる、柄本明、西田敏行
 
【あらすじ】IT関連企業のCEOを務める中原祐馬(竹野内豊)は、他人に興味を持たず、会社を拡大させること以外には目もくれなかった。そんな彼の携帯電話に、一緒に会社を立ち上げ苦楽を共にしながらも会社から追い出したかつての親友・塩谷航平から何度もかかってくる。疎ましく思い電話には出なかったが胸騒ぎを覚え、祐馬は仕事をキャンセルして彼の故郷である富山県新湊の四十物町(あいものちょう)に向かったところ、航平の死を知る。町内会長の西村玄太郎(西田敏行)によると、病のために余命わずかとなった航平は最後に曳山につながりたいという思いから15年ぶりに故郷に戻っていた。頭の整理がつかないままに祐馬は線香をあげようとするが、航平の義兄・鉄也(江口洋介)は会社から航平を追い出し最期の電話にも出ようとしなかった祐馬が腹に据えかね手を上げようとする。航平の娘・瞳(高橋ひかる)の落ち着いた対応によりその場はおさまったものの、航平に子どもがいたことを初めて知った祐馬は驚かざるを得なかった。自分にできることはないか瞳に聞くと、西町から四十物町の曳山を取り返して欲しいと言うのだった…。

人生の約束

映画館で流れてた予告があまりにも素晴らしそうだったので楽しみにしていた本作。が、ヒューマンドラマにも関わらず、肝心の「人間の感情」の辻褄が描けてないと言う、かなり残念な出来だった。音楽も予告は感動巨編みたいな壮大な曲だったのに、いざ本編を見るとどうもサスペンスチック。何考えてんだ?

一番のミスは、何故キーパーソンである「航平」をきちんと描かなかったのか。シルエットや声でしか表現してないのは明らかに大失敗。せっかくの映像作品なのだからきちんとした俳優を置くべきだった。そのせいで背景がすげー分かりにくい。見る側が航平がどういう人か分からないままセリフで説明するもんだから、どんどん陳腐になる。中原にとって「友人であり、一緒に会社を立ち上げた仲間」と言う以外の航平像が何も見えてこないから感情移入出来ないのだ。

特に謎だったのは、航平と瞳の親子関係。娘が「あの人」って言うぐらいだから、おそらく航平はどこかで家族を捨てたんだよね?で、死に際に戻って来たと。なのに、義兄の鉄也が何故航平にあそこまで肩入れするのかも分からない。瞳も何がしたいのかさっぱり分からん。ラストのハグなんて超絶意味不明。何なの?ラブストーリーなの?石橋監督の意図が全く理解出来ない。

人生の約束

実は前半は背景が分かりにくいながらもそれなりに見られたんだよね。でも物語が進む(瞳がフィーチャーされる)につれてどんどん迷走していった感じ。タイトルもちょっとスベッてるしなぁ…。

でも俳優陣はそこそこ頑張ってたと思う。あまり頭が良さそうに見えない竹之内豊のCEO役はやや無理があるんだけど、いつも棒読みのカッコつけ江口洋介は(もうちょい太った方がよりリアルなものの)こういう役ならそんなに違和感なかった。そして小池栄子はいつも通り本当に素晴らしい。尾野真千子と並んで、30代では日本で一番上手い女優だと思う。

人生の約束

石橋監督はパワーを感じる巧みな表現も節々であるんだけど、同時に実景カットが異様に多かったり、IT企業の描写が一昔前のようで取材不足だったり、殴った後仲直りするくだりだったりと、センスの古さは正直否めなかった。それに輪をかけて脚本と音楽でミスってるのが大きい。情熱は買うけど、トータルバランスの詰めが甘い。惜しい(ポスターと予告はイイんだよ、ホントに…)!
 
にほんブログ村 映画ブログへ