ガールズ&パンツァー

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"ガールズ&パンツァー 劇場版"
(2015年/日本/119分)
公開:11月21日
監督:水島努
出演(声):渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香
 
【あらすじ】学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会で優勝し、大洗女子学園は平常な日常を取り戻した。ある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることになり、大洗女子学園と知波単学園の混成チームと聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チームが対戦する。大洗女子学園戦車道チームは今やすっかり大洗町の人気者となり、町民たちから熱いエールを送られる。戦いを通じて選手たちには友情が芽生え、試合後、一緒に温泉に浸かり、お喋りに華が咲く。そんなとき、 “急用”で生徒会長の角谷杏が学園艦に呼び戻される。“急用”とは一体何なのかと、訝しがる大洗女子のメンバーたちだったが…。

ガールズ&パンツァー

このアニメ自体全然知らんかったんだけど、好評らしいので空き時間に見てきたら失敗した(笑)。冒頭のお勉強コーナーで世界観は理解出来たんだけど、如何せんキャラが多すぎて全く判別出来ん。誰が味方で誰が敵なのか。いきなりそこで挫折してしもた。

やっぱり「劇場版」てのはいきなり見るもんじゃねーなー…。映像表現自体は美少女アニメの外見とは裏腹に結構本格的で引き込まれるものもあったんだけどね。僕の勉強(?)不足でやや厳しめの評価って感じ。ただ、ファンなら確かに楽しめるかもしれない。

ガールズ&パンツァー

しかし「実弾使用」とわざわざ説明しといて、あれだけの顔出しが危険性無しってのはよく分からんぜ(笑)。アニメだからと言えばそれまでなんだけど。絶対死ぬよね、普通。

結論。この類のアニメはやはり肌に合わないことがよーく分かった。もう見ないでしょう、…たぶん。

にほんブログ村 映画ブログへ