ジョン・ウィック

評価:★★★★★★☆☆☆☆(6点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"John Wick"
(2014年/アメリカ/103分)
公開:10月16日
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォー
 
【あらすじ】ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は裏社会にその名を轟かせた殺し屋だったが、愛に目覚め引退。しかし妻が死に、その忘れ形見はロシアン・マフィアの手により散ってしまう。ジョン・ウィックは怒りに身を任せ、たった一人、復讐に乗り出す。

ジョン・ウィック

キアヌの、キアヌによる、キアヌのための映画。愛する妻の形見の犬を殺された怒りで、容赦なく復讐で敵を撃ちまくる。ただそれだけ、あんまり書く事ないわ(笑)。ストーリー的には至極単純なんだけど、アクションのテンポの良さがイイね。IMAXで見たせいか、余計にTVゲーム的な映画って感じだった。

所々で取っ組み合いもあるんだけどいるのかな?銃だけで良くね?って気もしたけど、まぁそんな細かい事はいいんだろね。結局キアヌは「スピード」「マトリックス」を見ても分かるように、アクションスターなんだなぁ。決して表現力のある俳優ではないし。しかしもう51歳てのはビックリ。トム・クルーズと言い、向こうのアンチエイジングはどーなってんだ…。

ジョン・ウィック

にしても、コレはいくらでも続編作れるね。殺し屋時代の前日譚とか、新たな敵登場とか。海外でも低予算ながらそこそこのスマッシュヒットだったみたいだし、期待しとこう…。

にほんブログ村 映画ブログへ