マイ・インターン

評価:★★★★★★★★☆☆(8点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"The Intern"
(2015年/アメリカ/121分)
公開:10月10日
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ
 
【あらすじ】家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEOであるジュールズ(アン・ハサウェイ)は、女性なら誰しもがあこがれる華やかな世界に身を置きながら、仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵にかいたような人生を送っているかに見えた。しかし、彼女に人生最大の試練が訪れる。そんな悩める彼女のアシスタントとして、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上のシニア・インターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)がやってくる。人生経験豊富なベンは彼女に最高の助言を与え、2人は次第に心を通わせていく。やがて彼の言葉に救われたジュールズは、予期せぬ人生の変化を迎える…。

マイ・インターン

アン・ハサウェイ、超カワイイ!デ・ニーロもカワイイ!登場人物がみんなイイ奴で出来過ぎたユートピア物語なんだけど、良かったねー。年齢が近いとどうやっても無駄な恋愛要素が入りがちなのに、シニア・インターンの設定とデ・ニーロのコミカルな表現力で上手く成立させてたと思う。

導入部分はどこの国も変わらない「リタイアした高齢者の生き方探し」で掴みとして完璧。公私ともに壁にぶち当たる若き成功者・ジュールズの描写も、徐々に人間味が出て来る展開でGood。サブキャラに至るまでみんなが「応援したくなるキャラ」なのも素晴らしい。デ・ニーロが一々カッコいい台詞をサラッと言うのは演技力の賜物なのかな。あれこそ年齢が離れてるから上手くいくのであって、同世代だったら一気にラブロマンス物語になっちゃうし。

マイ・インターン

ただ、このタイプの映画では当たり前のことだけど、基本構造がライトなのでそんなに印象には残らんね(笑)。サラッと見るのに適した映画と言うか…。リチャード・カーティス監督のテイストにちょっと似てるものの、昨年の「アバウト・タイム」なんかにはちょっと及ばない感じ。

マイ・インターン

ギリギリ8点ってトコかな。誰もがHAPPYになれる映画なのは間違いnothing。見て損無し!

にほんブログ村 映画ブログへ