過ぐる日のやまねこ

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"過ぐる日のやまねこ"
(2014年/日本/92分)
公開:9月19日
監督:鶴岡慧子
出演:木下美咲、泉澤祐希、植木祥平、中川真桜、田中隆三
 
【あらすじ】ある夏の夜、ガールズバーをクビになった21歳の枝波時子(木下美咲)は、行くあてもなく東京の街をさまよい、ふと長野行きの深夜バスに乗り込む。向かった先は、8歳まで父と過ごした山のふもとの小さな田舎町。しかし彼女は、当時のことはあまりよく覚えていない。ある朝、絵描きの父は「山猫を探しに行くよ」と言って時子を連れて山奥に分け入り、そのまま帰らぬ人となった。その町に生まれ育った高校二年生で、絵を描くことが好きな加野陽平(泉澤祐希)は、材木店を営む父の正一(田中隆三)と二人で暮らしている。最近、材木店の従業員で、陽平が兄のように慕っていた和茂(植木祥平)が、山の中で死体となって発見された。それ以来、陽平は学校に行かず、和茂が生前に連れて行ってくれた森の中の古い山小屋で絵を描くようになっていた。かつて住んでいた山小屋を訪れた時子は、陽平と出会う。時子は一目でよそ者とわかる格好をし、手に怪我を負い、無一文だった。陽平はそんな時子に着替えや食べ物を与える。互いが抱える喪失感や孤独を感じ取った二人は、穏やかな一時を過ごす。そのころ、町では時子が怪しい女として噂になっていた。和茂の死後、心を閉ざしがちな陽平を心配する幼馴染のアキホ(中川真桜)も、陽平と時子の姿を見かけて不安を感じる。アキホから二人の様子を聞いた正一は、かつて消防団の一員として、時子と父親が崖の下で倒れているのを発見したときのことを思い出す。時子も記憶を取り戻しつつあった。山猫の幻に導かれるように、時子と陽平は山の奥へと進んでいく。夕方、崖の上で陽平は時子に和茂の面影を重ねる。二人は、山小屋が壊される音で現実に引き戻される。山小屋に駆けつけた二人は、燃え盛る炎の傍にいる正一を見つける。正一は二人に「もう忘れていい。忘れることを怖がっちゃダメだ」と言う。森の闇の中で、二つの眼が光る…。

過ぐる日のやまねこ

うーん、あらすじとか設定がちょっと分かりにくい。何となくモヤモヤ。これは演出力の拙さかな。でも中盤まではなかなか良かったと思う。「千と千尋の神隠し」的なアナザーワールドっぽい感じも魅力的だったし。それだけに後半~ラストで「え、それだけ?」とまさかの失速、全く盛り上がらずにTHE ENDなのが惜しかった。
 
全体のキーとなっているヤマネコも何かイマイチ意味が分からんまま。要は2人のトラウマが薄いんだよね。ハッキリ言うと描けてない。山小屋も、もっと2人の「秘密の共有」の場所(極端に言えば異世界ぐらいに)として強調されてたらもーちょい効果的だったかも。


主演の木下美咲も演技力自体は極めて微妙。ま、雰囲気は悪くないけどね。一方、泉澤祐希はイイ!映画全体が彼でもってると言ってもいいぐらい。なので、尻切れとんぼだったアキホとの関係性もちゃんとやって欲しかったなー。

過ぐる日のやまねこ

時子の撮り方に関しては女性監督の良さが出てて良かったね。あとはもうちょい筋の通った物語を紡げるかどうか。今のままだとポエムにもストーリーにもならず、すげー中途半端なままで終わる可能性大な気がする。同じ女性監督の西川美和のレベルには及ばない。他人が書いた脚本で客観的に一度やってみるのがいいと思うけどねぇ…。
 
にほんブログ村 映画ブログへ