アントマン

評価:★★★★★★☆☆☆☆(6点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"Ant-Man"
(2015年/アメリカ/117分)
公開:9月19日
監督:ペイトン・リード
出演:ポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、コリー・ストール、マイケル・ダグラス
 
【あらすじ】やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコット・ラング(ポール・ラッド)は、仕事も家庭も失って絶体絶命。別れた妻と暮らす最愛の娘の養育費すら払えなくなった彼に、最後にして唯一の仕事のオファーが舞い込む。それは、身長わずか1.5cmに変身できる特殊なスーツを着用し、驚異的な能力を持つ“アントマン”になることだった。アントマン・スーツを着れば、誰でもアントマンになることが可能。とはいえ、それとヒーローになることは別の話だった。スーツを着用したスコットは、アントマンのパワーを使いこなすため、満身創痍でトレーニングに奮闘する。だが、思い描いていたカッコいいヒーローになるには、あまりにも長く険しい道のりが待っていた。最愛の娘のために猛特訓を開始した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか?そして、アントマンに託された決死のミッションとは…?

アントマン

マーベルのアメコミヒーロー映画ってそんなに見てないんだけど、なかなか面白かった!身長1.5cmの時に見える世界ってのがもうそれだけで独特で惹かれる。予告で使われてた機関車トーマスと衝突するトコとか笑えたわー。ヒーローなのに仕事だから仕方ないと言うスタンスだし、そもそもミクロサイズだから肝心の活躍自体もどこかショボいと言う…。ああいうのがアメリカ的シュールさだね。

ま、物語は(良くも悪くも)ありきたりだし、ヒーローモノとしてはやや地味めなので、ガツン!と来る感じはないかな。少なくともスパイダーマンには遠く及ばない。そして字幕が明らかにミスってるのが何気にイタい。僕自身、英語がそんなに出来る訳じゃないけど、それでも結構違和感のある訳が多かったね。そのせいで物語にもう一つ入り込めなかった…。

アントマン

ちなみに、マーベル映画って向こうでは小学生ぐらいの子供がいる家族がメインターゲットなんだっけ?正直なところ、30歳超えたおっさんにはそこまで大ヒットする映画には思えないんだけどなぁ…。別に悪くはないけどさ。基本的にストーリーはどれも似たようなもんだし。好みの問題なのかね。

にほんブログ村 映画ブログへ