海街diary

評価:★★★★★★★★★☆(9点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"海街diary"
(2015年/日本/126分)
公開:6月13日
監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず

【あらすじ】長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。そんな彼女らのもとに、ある日、15年前に家を出て疎遠になっていた父の訃報が届く。三人は父の葬儀が行われる山形に向かい、母親違いの妹・すず(広瀬すず)と初めて対面する。身寄りをなくしたすずはどうしようもない大人たちに囲まれながらも、一人毅然とした態度を見せていた。そんなすずに幸は、鎌倉に来ないかと言う。こうして、すずを入れた四姉妹の暮らしが始まった…。

海街diary

日常を切り取る感じの是枝作品って邦画の中では元々好きな方なんだけど、これは文句無しに良かった。福山雅治のオナニー映画だった「そして父になる」より圧倒的に。(そんなに数見てる訳じゃないけど)今年の邦画ではダントツNo.1!

何より見事だったのはキャスティング。4姉妹のキャラクターが抜群に活きてて、ここまで魅力的に過不足なく描いている邦画はなかなか無いと思う。綾瀬はるかの包容力、長澤まさみのコメディエンヌ性、夏帆のナチュラルな明るさ、そして今をときめく広瀬すずの天真爛漫さ。最初は4人全員美人って…とか思ってたけど、これ以上は無いってぐらいの絶妙のキャスティング。そして彼女たちの魅力を存分に引き出しているのもお見事と言うしか無い。良い意味での脱力感があって、演技に見えない。スゴい。

映画全体の青いトーンもいいんだけど、キャスティングと並んで抜群に良かったのは音楽だなー。素晴らしかった。癒しの映画。菅野よう子さん、チェックしておこう…。

海街diary

…と、ここまで絶賛してきたけど、もうちょい物語に軸が欲しかった気はする。

優しい空気感を堪能する映画とは言え、ちょっと何も無さ過ぎるんだよなー。なので、受け付けない人もそれなりにいそう。物語の設定がそもそもちょっと分かりにくいし(すずがあっさり鎌倉に来過ぎ!とか)、結局肝心なことは実は何も解決してないしね。例えば、家族の誰かが家を出るまでを描いたりすればもっと良くなったかも。それはまぁいいとして、せめてメインであるはずの末っ子のすずの葛藤をもうちょい全面に出した方がベターだったはず。やや中途半端。やはりこの手の話は女性監督の方が向いてるのかも。西川美和辺りが撮ったらもっとイイ映画になった気もする。

海街diary

もう1つ、決定的にミスってるのは季節感はあるものの、時間経過が上手く表現出来てないトコ。単純に季節の風景カット入れるだけで表現できるのに何でしなかったんだろ。「あれ、いつの間にこんなに時間経ってんの?」と感じた箇所が多々あった。ココは勿体無かったね。

いやー、Blu-ray買っちゃおかな。久々にアタリの邦画。ご馳走様でした。

にほんブログ村 映画ブログへ