日本のいちばん長い日

評価:★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>

"日本のいちばん長い日"
(2015年/日本/136分)
公開:8月8日
監督:原田眞人
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努

【あらすじ】1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され「一億玉砕論」の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる…。


日本のいちばん長い日

もうちょっと予備知識を詰め込んでから見れば良かったー。そのせいでなかなか前半がタルくて乗り切れなかったぜぃ…。ちょびっと眠くなっちゃった。中盤からは緊張感あって釘付けだったけど。たぶん、本当はもっと面白い映画なんだと思う。

若者は基本みんな坊主で松坂桃李以外全然区別つかないし、物語も結構難しい。で、全体的にもちょっと史実に縛られ過ぎてる感じかな。歴史再現ドラマみたいな印象。戦時の「熱」みたいなものも足りない。天皇陛下を取り上げる訳だからいつも以上に慎重になるのは当然なんだけどね…。しかしその昭和天皇を演じた本木雅弘は良かったなー。半端ないプレッシャーだったと思うけど、凄かった。名演。一方、松坂桃李は青臭すぎてイマイチ。彼が悪いと言うよりは単純にミスキャストでは。

あと気になったのは、編集が微妙ってこと。間の取り方とか使ってる画とか。「え、もーちょい余韻欲しくね?」と言うような箇所がちょこちょこあった。敢えて外してるのか天然なのか、どっちでしょ。

日本のいちばん長い日

ちなみに僕は8/15、まさに終戦記念日に見ました。年齢層はやっぱり高めで、高齢者も結構いたかな。DVDになったらもう一度見返してみよう…。

にほんブログ村 映画ブログへ